記事一覧

2018 平昌オリンピック①

ファイル 1153-1.jpg

平昌(ピョンチャン) オリンピックも中盤を迎え、盛り上がっていますね。
今日は、フィギュアスケートで日本の羽生結弦選手が今大会初の金メダルを獲得しました。
ソチ オリンピックに引き続き、大会2連覇を達成しました。
羽生選手の渾身の演技は、世界中の人々に感動と勇気を届けてくれましたね♡

画像は、先程行われた表彰式の画像です。
日本選手団のオフィシャルウェア・シューズ・バックなどには、
水使用量を約70%削減する特殊な工程で染色された生地や
水を使用しない技術で染色されたファスナー、
バイオマス由来やリサイクル素材など・・・
環境へ配慮した材料を多く取り入れているそうです。

☆「アシックス ジャパン」様 ホームページ 紹介ページ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000020802.html

バームクーヘンの木箱(曲げわっぱ)

ファイル 992-1.jpg

画像は10年程前に「たねや」様の「クラブハリエ」様で販売されておりました、
「バームクーヘン」の特別ギフトパッケージです。

このパッケージの素材は、すべて国産の「天然択伐林」で伐採された
「エゾマツ」を使用した「エゾ経木(きょうぎ)」を使用しております。

パッケージのラッピング・イメージを変えることで、
とてもお洒落な洋菓子のギフトパッケージになりますね♪

パックスアライブでは、長年のパッケージづくりのノウハウを活かしたご相談や、
アドバイス等もさせていただいております。(木箱、紙箱、什器など)
小ロットからの対応可能ですので、下記お問合せフォームより
お気軽にご相談いただければと思います。

☆「クラブハリエ」様 ホームページ
http://clubharie.jp/baumkuchen/

☆パックスアライブ 本社工場 お問合せフォーム
http://paxalive-premium.com/inq5.php

イギリス ウィリアム皇子 初来日

ファイル 825-1.jpg

26日から明日迄の期間、イギリスのウィリアム皇子が初来日されています。
このブログで「ロイヤルウェディング」の記事を掲載させていただいてから4年が経ち、
ウィリアム皇子も、もうすぐ2児のパパになるそうです。
月日の経つのは、本当に早いですね。

画像は、今日福島県の児童施設を訪れた時の画像です。
可愛いお子さんたちと楽しいひと時を過ごされたようです♪
(画像は、「YAHOO! JAPAN ニュース」様 ホームページの画像を掲載させていただきました。)

☆「ロイヤルウェディング」掲載記事
http://paxalive-premium.com/blog/diary.cgi?no=160

宇宙>銀河>太陽系>地球

ファイル 820-1.jpgファイル 820-2.jpg

左画像は、昨日NASA(アメリカ航空宇宙局)が公開した「ハッブル宇宙望遠鏡」が
撮影した画像です。まるで宇宙が微笑んでいるように見えますね♪
右画像は、昨年公開された「宝石のように美しい。」と世界中で話題になった銀河の画像です。
ちなみに1つの銀河には、1000億個ほどの星が集まってできているそうです。
私達の住んでいる地球がある太陽系は、「天の川銀河」という銀河の中にあります。

☆「NASA(アメリカ航空宇宙局)」 ホームページ
http://www.spacetelescope.org/news/heic1411/
(画像は、ホームページの画像を掲載させていただきました。)

2014 ソチ オリンピック①

ファイル 677-1.jpg

ソチ オリンピックが開催され、毎日応援で寝不足気味の方も多くいらっしゃるかと思います。
今日は、フィギュアスケートで日本の羽生結弦選手が今大会初の金メダルを獲得しましたね。
爽やかな笑顔がトレードマークの羽生選手は、ロシアでも大人気だそうです♪

さて、ソチ オリンピックは環境への配慮をとても重視した大会だそうです。
例えば「グリービルディング(環境にやさしい建物)認証プログラムでは、
アイスホッケーなどの会場となるアイスドームに、
3万8千個ものLED照明を使用しているそうです。
さらに、自然との共生や廃棄物ゼロに取り組むほか、
世界環境デーなどの記念日とのコラボも行っているそうです。

☆「朝日新聞」様 掲載記事
http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/special/2014021400007.html
(画像は、ホームページの画像を掲載させていただきました。)

ecoの国 ブータン

ファイル 321-1.jpg

画像は、国賓として来日しているブータン国王夫妻です。
昨日被災地の福島県の小学校を訪れ、子供達を励まされたそうです。
ブータン王国は、中国のチベット自治区の南方にあり、インドと中国の間にある仏教王国です。
ブータンの電力は、99%を水力発電で賄っており、残りは太陽光発電や自家発電だそうです。
国民のほとんどの人は、自給自足で生活をしているので水力発電で十分電力をまかなえ、
余った電力はインドに売り、収入は国家歳入の4割に達しているとも言われているそうです。
ブータンでは、 小さい頃から環境の授業を行っており、
生活の全ては環境に関係していることを学んでいるそうです。
その学びの中から自然を守ることが私たちの幸せに繋がるということを皆が知っており、
国民の97%の人が幸せと実感している「幸せの国」としても有名な国だそうです。

トーテムポール

ファイル 273-1.jpg

画像は、カナダのブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのビクトリアという街にある
「ロジャーズ・チョコレート 」様のギフト商品です。
このチョコレートショップは、1885年に創業されたそうです。
パッケージの缶に「トーテムポール」という絵画が印刷されており、色々と調べてみました。
このトーテムポールは、7000年以上前から定住している先住民「ハイダ族」の人々に
よって作られ、ユネスコの世界遺産に登録されているいるそうです。
トーテムポールとは、宗教的な象徴ではなくて文字による伝承を使わなかった
ハイダ族の人々が家系に関する伝承や出来事を象徴的に刻み込んだ木造彫刻です。
現在、厳しい自然にさらされて傾いていたり、地面に倒れていたり、
また朽ち果てて地面に倒れたものから新しい芽が出て森が再生をはじめているそうです。
ハイダ族の人々が共生してきた朽ち果てそうなトーテムポールは、
人類全体が自然について歴史に耳を傾ける場所として、博物館に保存されている
トーテムポールより何倍も強く人々の心を打っているそうです。
また、この絵はカナダで活躍されている水彩画家
「アン・ヒューデック(女性)」さんが描きました。
お土産のチョコレートのパッケージから、深い歴史や様々な思いが伝わってきました。

☆「ロジャーズ・チョコレート」様 ホームページ
http://www.rogerschocolates.com/
(画像は、ホームページの画像を掲載させていただきました。)
 

世界のエコラベル

ファイル 251-1.jpg

昨日、カナダの環境ラベル「カーボンフットラベル」について調べていましたら、
eco検定の公式テキストに世界のエコラベルが掲載されていました。
画像は、1988年にカナダで国として唯一実施されているエコラベル
「環境チョイスプログラム」の「エコロゴ」と呼ばれているマーク(ラベル)です。
認定を受けた商品やサービスに対して「エコロゴ」の使用を認めているそうです。
対象は、紙製品、印刷物、消費者サービスなどの13分類で、
認定商品数は3000以上あるそうです。
その他にも世界にはたくさんのエコマークがあり、とても勉強になりました。
日本のエコマークは、1989年に運営が開始されたそうです。

☆世界の主な環境ラベル
http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/c01_02.html

☆eco検定公式テキスト掲載記事
http://paxalive-premium.com/blog/diary.cgi?no=12 

カーボンフットラベル

ファイル 250-1.jpg

8月の初旬から子供がカナダのブリティッシュコロンビア州、バンクーバーのビクトリアと
いう街へ2週間の短期留学に参加し、カナダの歴史や文化について学んできました。
カナダでは環境に配慮した取組みを積極的に行っているそうです。
私もカナダへは行ったことがなく、カナダについてあまり知識がないのですが、
「夏休み特集」ということで、高校1年生の視点から見たカナダでの「eco情報」を
少しずつ紹介したいと思います。
画像は、 カナダのバンクーバー国際空港で配られたミネラルウォーターだそうです。
画像をよく見ていただくと、足跡のマークにCO2と書かれたマークがありますね。
このマークは、「カーボン フット ラベル」という名前の「カーボン縮小ラベル」だそうです。
カーボンフットを直訳すると「炭素の足跡」となります。
このラベルを下記のホームページで調べてみましたら「CO2削減に取組んでいる商品」と
掲載されていました。また商品によっては、ラベルに数字が表記されており、
商品の製造やリサイクルに必要なCO2の量を明記したラベルもあるそうです。

☆The Carbon Reduction Label ホームページ 
http://www.carbon-label.com/

ロイヤルウェディング

ファイル 160-1.jpg

昨日のイギリス王室のロイヤルウェディングは、本当に素敵でしたね♡
未来の国王が一般家庭の方と結婚されたのは、約350年ぶりだそうです。
ケイトさんは、今後は「キャサリン妃」と呼ばれ、
ウィリアム王子とお幸せにお暮らしになられることでしょう。
さて注目されていたキャサリン妃のウエディングドレスには、バラ、アザミ、
ラッパスイセン、クローバーのレースのアップリケの花々がちりばめられていました。
この花々は、英国を構成する4地方「イングランド」、「スコットランド」、
「ウェールズ」、「北アイルランド」を象徴しているそうです。
お二人の母国想うやさしい気持ちが込められた、素敵なドレスですね。
日本の伝統的な結婚式では、「鶴」と「亀」が象徴とされています。
昨年京都の「ロマンライフ」様の日本伝統の鶴と亀をモチーフとした
素敵なお祝いのギフト商品を掲載させていただきました。
ぜひこちらの記事も読んでいただけたら嬉しく思います。

☆日本の伝統「鶴と亀」
http://paxalive-premium.com/blog/diary.cgi?no=26

(画像は、NHKニュースの画像を掲載させていただきました。)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ